ESP事業

ESP(エネルギー・サービス・プロパイダー)事業とは、企業のエネルギー関連業務を一括して請け負う事業のことを指します。
当社では、電気保安協会として安全面の知見を活かしながら、効果的な省エネ手法のご紹介をしています。電気の見える化システム、ピークお知らせソフトウェア、講習会、現地での社員教育、省エネ補助金活用支援など、形にとらわれず業種・お客様の経営方針に応じてPDCAを行っています。
電力会社・ガス会社・工事店・設備メーカーなどのパートナー企業と協力することで、お客様の手間をとらせない複合的なサービス提案が可能です。

以下のようなお悩みを持つ方におすすめです。

  • 省エネについての社員教育は一通りやったが、従業員の異動やアルバイトの卒業等でなかなか根付かない。
  • 老朽化した設備の更新を終了した後、省エネの手立てがない。
  • やるべきことはやっているつもりだが、本当にこれで最適化できているのか評価ができない。

川上から川下まで

電気の流れ

バイオマス・風力・太陽光といった再生可能エネルギーを中心とした発電所のプロデュースや、電力の調達改善、高圧受変電設備・高圧発電設備の法定電気設備点検の安全確保、事業所の保安・運用の最適化・高効率な設備への更新提案・各省庁への届出などエネルギー利用の川上から川下まで一貫してサポートします。

エネルギーマネジメント

「我慢・使わない」とお考えの方が多い省エネ活動ですが、我慢の省エネは「就業環境が快適でなくなる=生産性が落ちる」ことにつながり、またお客様も暑い・寒いを感じるようになってしまいます。当社が考える省エネは「現場の状況からエネルギーの最適化をする」ことです。既存のマニュアルの当て込みではなく、お客様の経営方針やその時々の状況を考慮し省エネ手法の作りこみ・調査・現場指導・成果検証などPDCAサイクルを適正に回します。

省エネ補助金活用支援

省エネ機器への設備投資に活用できる補助金の現場調査・診断・申請支援を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

導入事例

エブリイ様
株式会社エブリイ 様
  • 事業内容:スーパーマーケットの運営
  • 業種:小売業

運用改善で最大25%省エネ! 削減したCO2排出量は年間約6500人分にも

事例を見る