見える化・お知らせシステム

  • 電気料金削減、省エネに取り組みたいが電気の使用状況を把握できていない
  • 状況を把握しても記録を分析し、対策を打つことまで時間をかけてできない
  • 電気専門の担当者がおらず、通常業務の傍らで省エネに取り組んでいて成果が出せない
  • 多機能の見える化システムを導入したが、使いこなせず結局使わなくなってしまった

そんなお客様のサポートをするのが電気見える化システム「ecoPu(エコパ)」です。
ecoPuを導入して頂いたお客様からは、「目標に対する進捗がわかりやすい」「頑張るポイントが明確で続けられる」とご好評をいただいています。某ドラッグストア様では年間250万円の削減に成功しています!

中小企業に特化したecoPu

インターネット上で電気の使用状況がリアルタイムで確認でき、単に記録するだけではなく、前年との比較や目標管理を視覚的に行うことができます。市場には大手メーカーの多機能を備えた見える化システムもありますが、それらの多くはビルメンテナンス業者や電気専門の担当者がいる大企業向けとなっています。ecoPuは分析機能を敢えて簡略化し、専任のいない中小企業や時間がないお客様でも無理なく続けられる省エネを支援します。

現場の意識を上げる秘訣

チェーン店では本部が省エネに取り組もうとしても、店舗ごとの状況が見えない、店舗の意識が高められないというお声を聞きます。ecoPuでは店舗ごとの状況を把握するのはもちろん、ランキング機能により競争意識を高め、現場での自発的な省エネ活動の取り組みに繋げます。"1位の店舗には賞品進呈!""東西チーム戦!"など、楽しみながら省エネすることもできちゃいます。

うっかり「消し忘れ」、うっかりじゃない「停電」、どちらもしっかり対策を

「せっかく省エネに取り組んでいるのに、一晩中電気を付けっぱなしにしてしまった」「予期せぬ停電で冷凍ケースの中の商品が溶けてしまった」なんて経験はありませんか?ecoPuは待機電力チェックで消し忘れを防止し、漏電・停電監視で設備保全にもお役立ていただけます。

その他にも、お客様の声をもとに厳選した機能を備えています。

  • 電気料金計算
  • 目標設定
  • 二次側計測
  • 気温・室温管理

 

写真 写真

デマンドハンター

「ecoPu」で見える化した情報も、上手く生かされなければ意味がありません。そこで活躍するのが「デマンドハンター」です。基本料金の基準となるデマンドの目標値を越えそうになるとメールでお知らせ。お知らせを受けたら10分間空調を送風にする、5分間バックヤード照明を切る、そんなちょっとしたアクションで電気料金を削減することができます。「最小限の努力で最大限の効果を!」これが無理なく続けられる秘密です。予め決めておくアクションのアドバイスも弊社にお任せください。

写真

ずっと続く、続けられる省エネを

省エネには“ブーム”があります。
例えば2011.3.11東日本大震災による原子力発電所の停止、計画停電。もっと遡ると1970~80年頃の石油危機。物価(電気代)が上昇したり、CO2排出量が増加するなど、災害や情勢の変化に伴って省エネのブームが繰り返されてきました。
電気見える化システムの導入や設備更新を行い、「自社では省エネがひと段落した」と思われてはいませんか?「効果がなくなったからやめた」というお声を聞くこともあります。しかし電気代は下がり続けるものではありません。
燃料費調整単価や再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は少しずつではあるものの上がり続けており、今後も上がり続けることが予想されます。ずっと省エネをしている人と、ブームによって省エネをしたりしなかったりする人の間には着実に格差が生まれています。
省エネは一時的なものではなく、取り組み続けることが何よりも大切なのです。

当社はお客様と電気設備点検で定期的かつ長いお付き合いをしています。必然的に省エネサービスも長くご支援し続けることになります。単なる保安点検だけではなく、単なる省エネサービスだけでもない。エネルギーのことで困った時に「そうだ、スターメンテナンスサポートに聞いてみよう」そう思っていただける皆様のパートナーになれるよう努力し続けます。